社会貢献活動

AGSグループは、「企業理念」および「倫理綱領」に基づき、お客様、株主、社員そして社会に対する責任の一環として、積極的に社会貢献活動を推進しています。

環境保全

森林づくり運動

AGSグループは、埼玉県が支援する「企業の森林づくり」に参加しています。これは、埼玉県が企業と森林所有者を仲介し、健全な森林づくりを実現する事業。所有者から提供された森林を企業が労力や資金を活用して保全していく活動で、地域ネットワークの活性化にも結びついています。

2009年9月に秩父郡東秩父村及び埼玉県と「埼玉県森林づくり協定」を締結し、二本木峠や「AGS四季彩の森」において、植林活動をしてまいりました。また、2015年9月に秩父市との間でも「埼玉県森林づくり協定」を結びました。現在、秩父郡東秩父村と秩父市の二ヵ所で、植栽や下刈りなどの森林整備活動を実施しています。

2009年より行っている「AGS四季彩の森」での森林づくりなどの環境保全への取組が評価され「第16回彩の国埼玉環境大賞」を受賞しました。

さいたま市「ネットワーク型環境教育拠点施設@さいたまCity」登録企業認定

2019年11月、さいたま市の「ネットワーク型環境教育拠点施設@さいたまCity」の登録企業に認定されました。この取り組みは、環境教育の一環として環境への関心を高める機会となる場を提供するもので、さいたま市内の小中学生を対象に、太陽光発電や免震装置、自家発電設備といった本社ビルの施設見学を実施しております。

地域への社会貢献活動

本社周辺清掃

毎月第2月曜日の朝、本社周辺の清掃活動を行っています。

埼玉県ホームページへのリンク 「地域清掃登録制度」

針ヶ谷地区街路灯LED化

本社周辺の針ヶ谷4丁目の街灯LED化事業に協力し、LED電球を寄贈いたしました。

見沼田んぼベンチ寄贈

さいたま市の「見沼田んぼ休憩施設設置事業」においてベンチを2セット(4基)寄贈しました。

埼玉県「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」へ寄付

医療従事者の方々や医療機関への活動支援、中小・小規模事業者への経済対策など、新型コロナウイルス感染症への対策事業に活用いただくため、埼玉県の「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」に1千万円を寄付するとともに、あわせて医療従事者や福祉関係者の方々などに活用いただくためマスク1万枚の寄付を実施いたしました。

さいたま市環境局へマスク寄付

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的として、清掃業務に従事している皆様にご使用いただくため、さいたま市環境局にマスク1万枚の寄付を実施いたしました。AGSグループは、2019年11月さいたま市の「ネットワーク型環境教育拠点@さいたまCity」の登録企業に認定され、環境への関心を高める機会となる場を提供するため、さいたま市内の小中学生を対象に、太陽光発電や免震装置、自家発電設備といった本社ビルの施設見学を実施しており、清掃業務に従事している皆様をご支援することを通じ、一層の環境保全につなげていただく取組みとして、さいたま市環境局にマスクを寄贈しました。

学校への社会貢献活動

子ども避難所110番

本社ビルを「子どもひなん所110番の家」として登録しております。児童生徒が事件・事故に遭遇した場合の緊急避難場所として、地域の安全確保に貢献いたします。

ベルマーク提供

2006年より、使用済みトナーカートリッジ(ベルマーク対象)とベルマークを全社員参画のもと回収し、隣接の常盤北小学校PTAに提供しています。それらは、同校の教育に必要な資材を購入するための資金の一部として役立っています。

職場体験

毎年、近隣の学校の生徒さんに職場や業務を体験していただいています。職場体験を通じて、生徒さんに勤労観・職業観を育んでもらうことを目的としています。

職場体験で埼玉県知事より感謝状をいただきました。

プログラミングキャンプ

未来を担うIT人財の創出や、地域の社会貢献活動への取り組みという視点から、「創造力」「論理的思考」を育成する目的で、高校生(2017年より)、中学生(2019年より)向けの「プログラミングキャンプ」を実施し、プログラミングの基礎を学ぶ機会をご提供しています。

被災地支援活動

東日本大震災義援金寄付

1千万円と従業員による募金を一般財団法人埼玉新聞社会福祉事業団を通じて寄付いたしました。

古本寄贈

福島県内で被災した図書館の代わりに私設図書館を設立して、被災者に本を提供する活動を推進している「福島グローバルライブラリー」に対して、2013年5月25日にAGSグループ社員等より持ち寄りました古本(約3,000冊)を寄贈いたしました。

福島県産米の食堂利用

月に1度、社員食堂で福島県産米を使用しています。今後も継続して実施いたします。

熊本地震義援金寄付

百万円と従業員による募金を一般財団法人埼玉新聞社会福祉事業団を通じて寄付いたしました。

大阪北部震災・西日本豪雨被害義援金寄付

従業員による募金を一般財団法人埼玉新聞社会福祉事業団を通じて寄付いたしました。

北海道胆振東部地震義援金寄付

従業員による募金を一般財団法人埼玉新聞社会福祉事業団を通じて寄付いたしました。

台風15号、19号義援金寄付

二百万円と従業員による募金を一般財団法人埼玉新聞社会福祉事業団を通じて寄付いたしました。

その他

エコキャップの提供

2012年1月より、ペットボトルのキャップの収集を行い、社会福祉法人 埼玉県社会福祉協議会などに提供しています。 その後再資源化事業者(ジャパン・エコ・サイクル等)で得られる売却益は、ワクチン寄贈団体等へ寄付し「世界の子どもたちにワクチンを寄贈し救済」する活動や、震災復興支援の活動に利用されます。

赤い羽根共同募金

赤い羽根カード及びバッジ購入による募金活動を実施しています。募金は社会福祉法人埼玉県共同募金会を通して、埼玉県の福祉向上と東日本大震災被災地の復興支援に活用されます。

赤い羽根共同募金で感謝状をいただきました。

献血活動

年に2回、毎年継続的に献血活動をしており、多くの従業員が参加しています。

協賛

自治体や各団体主催のイベント等に協賛しています。

  • さいたま市成人式
  • さいたま市主催「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」
  • 埼玉県主催「埼玉クイズ王決定戦」
  • 社会福祉法人「埼玉いのちの電話」
  • 浦和駅西口サッカーツリーイルミネーション 等

みんなでシェアして、低炭素社会へ
女性の活躍推進企業